略奪愛.com 【成功する方法とは】 -結婚・不倫?-


略奪愛に関する情報をご紹介

【略奪結婚と代償】

楽しむために略奪を求める人

自分が好きになる相手は、魅力的な人が多くいつも恋人が居た・配偶者が居た、こんな風ににたまたま略奪愛というかたちになっている方も居るでしょう。
そんな偶然が重なる人も居ますが、中には略奪愛を好む人も居るんです。

確かに恋人や配偶者のいる異性は充実感や満足感を持っているからか、魅力的な人が多いのは事実です。
けれど大抵の人は彼らの魅力の元は、決まった相手が居る幸せからというのを薄っすら理解していますし、略奪のリスクを知っているので奪いたいとまでは考えません。

こういった人たちは「恋敵(ライバル)が居ると燃える」という恋愛の心理を楽しみたい人や、ライバルを押しのけて「選ばれた」という満足感を味わいたいといった心理に関係しているといわれています。
また、不倫という背徳感やスリルを味わいたい、「いけない関係」を楽しみたい気持ちが略奪愛を求める形になる人も・・・

これは意外に本人に自覚が無い場合が多く、略奪愛で結婚までたどり着いたが手に入れたとたん相手への気持ちが冷めてしまった・・・なんてケースも多々あります。

この「不倫癖」「略奪癖」はDV気のある相手など、自分を振り回す相手を無意識に求める恋愛依存パターンとも関係していると言われています。
結局は相手の家庭を崩壊させ、自分を含め相手の家族やその配偶者を不幸にするだけという寂しい結果を招くだけなんですね。

今の気持ちは真実の愛ではなく、略奪愛のスリルと刺激だけを求めてものではありませんか?
手に入れた時の喜びや新生活に強すぎる理想を持っていませんか?
略奪した後には現実的な「生活」が待っていることを一度考えみましょう。

▲このページの上部へ