略奪愛.com 【成功する方法とは】 -結婚・不倫?-


略奪愛に関する情報をご紹介

【不倫からの略奪】

略奪した後の問題

略奪愛が成功したといっても手放しで喜んで良いのでしょうか?
結婚していた相手には子供が居ることもありますし、相手の親や親族へはどう思われているのでしょうかなど様々な問題が控えております。

■略奪相手の元伴侶への慰謝料の問題
相手が既婚者であることをあなたに隠している場合は除外されますが、結婚していることを知っていながら関係を続けると、大体200〜300万円程の慰謝料が請求されることもあります。

■前妻・前夫との子供の親権や養育費の問題
大体ですが相手の子供が18歳になるまで、もしくは大学を卒業するまで月々いくらかを養育費として用立てる必要があります。金額は収入にもよりますが、月額数万ほどになります。 こういった養育費の問題もありますが、月に1度など定期的に子供と相手を会わせたいという希望を持つケースもあり、あまり相手と離れた土地に移り住むことが出来ないことも。
「前妻(前夫)と会わないで」というのは、希望として受け取ってくれると思いますが、さすがに子供と会わないでとはいえません。

■相手の親や親族との問題
自分が離婚の原因になってしまうと、のちのち付き合いに困ることになりがちです。仮に「嫁から奪った女」などと印象付けられてしまうと、相手先からのイメージの挽回は非常に困難で時間の必要なこととなります。

上記の問題以外にも、場合に応じて様々な問題が発生する事があると思います。
ただ、このような問題は略奪の際の立ち回りによって慰謝料や親族の問題はあらかじめ回避できることが出来ます。
あくまでも自分が離婚の原因にならないようにし、相手が「あくまでもお互いの都合により離婚した」というかたちを取らせることが大切です。

[人気サイト]弁護士事務所の求人を見てみよう!

▲このページの上部へ