略奪愛.com 【成功する方法とは】 -結婚・不倫?-


略奪愛に関する情報をご紹介

【不倫からの略奪】

上手く離婚させる方法

いかに自分が別れの原因にならないかは略奪愛の重大な問題です。
略奪した愛を幸せなかたちで続けるためには、絶対に自分が離婚の原因になってはいけません。「相手をお互いの都合で」別れさせるのです。

特に不倫からの略奪は要注意です、相手との離婚も散々もめた挙句、今度は相手の親族との問題や世間体に悩まされることになりかねません。
自分は相手を手に入れるならそんなことは気にしない!という人はおそらく少数でしょう。
もしかしたら将来、相手の子供や自分たも子供が出来たときにその子の耳に入る…なんてことも考えてしまうと思います。

もともとの性格の不一致など問題がある、相手側に自立するすべがある場合はともかく、特に問題の無い家庭に離婚を持ち込むわけですので、経済的な問題や子供の有無など離婚には様々な問題が待ち構えています。

ただ、不倫→略奪で悩む中、意外なほどあっさり離婚に応じてくれるケースがあります。
そうです「ダブル不倫」です。
これはお互いが実は恋人・不倫関係が居るという稀なパターンです。いざ離婚を相手に切り出してみたらお互い渡りに船というラッキーなケースです。
ただ、これだと子供の親権の問題が発生します。特にお互いが相手の不倫を知らない状態なので、相手が子供を引き取り、自分も相手も二人きりで甘い新婚生活が待っていると思い込んでいますので。

費用は高額になりますが、相手に別れたい理由を作ることが一番スムーズに行きます。
今後の円満な関係を考えるならWEBなどから「別れさせ屋」を利用することも検討しても良いかもしれません。

逆に相手の配偶者に意中の人がいる訳では無いのにあっさり離婚に応じる場合は、もしかすると相手や相手の親族に問題があるかも知れませんのでご注意を。

▲このページの上部へ