略奪愛.com 【成功する方法とは】 -結婚・不倫?-


略奪愛に関する情報をご紹介

【不倫からの略奪】

不倫と略奪愛

「略奪愛」という言葉は大抵カップルの横恋慕ではなく、不倫や浮気相手が配偶者に取って代わる際に使われることが多いです。
愛を略奪する、激しい言葉ですね。

「好きな人がたまたま結婚していただけ」
「出会うのがもっと早ければ自分と結婚していた」
確かに偶然好きになってしまった相手が結婚している相手だった事もあります。
そのときの自分の気持ちに正直になった結果が今の「不倫」という状態です。
相手が同じ気持ちであれば、双方の話し合いなど理想的なかたちで今の伴侶と離婚することが出来るでしょう。

おそらくあなたは不倫をしていることは周囲にはひた隠しにしていることでしょう、なぜなら不倫をしていることが解れば、友人も「あの人は他人の配偶者と関係を持つ」等と離れて行くかもしれませんし、世間にも冷たい目で見られることになるかもしれません。
そういった誰にも相談できない追い詰められた状況も、「不倫をしていると」いう不安定な心を追い詰める方向に導く要素です。
「妻とは必ず離婚する、だから待ってて欲しい」
この相手にしか希望をもてず、待つだけの状況は辛いものです。

けれどもなぜかいつも不倫の恋ばかりを選んでしまったり、性に溺れがちだったり、自分ばかりが相手に良いように都合を付けられているような恋愛ばかりの人は一度、恋愛依存ではないか確認してみた方が良いかもしれません。
恋愛依存の人はつらい恋ばかりを深層心理で求める傾向があります、最近はWEB上でもチェックサイトもありますので一度試してみてください。

▲このページの上部へ